株式会社ジーワンプロジェクト株式会社ジーワンプロジェクト

騎手プロジェクトチームブログ

2017.11.30

今週スタートの12月開催は土曜日に注目!

会員の皆様、こんにちは。
騎手プロジェクトチーム部長の加賀武見でございます。

先週、記者チームとのバトルになった11/25(土)の「キャピタルS」。騎手チームは、サトノアレスに◎本命を打ち込み、3連複2430円的中をお届けしました。

11/25(土)
東京11R「キャピタルS」
3連複2430円的中
◎サトノアレス(ルメール騎手)


【見解】
ここでの本命は2番のサトノアレス。
前走は得意とするマイル条件だったが、馬場状態は極悪。伸び切れず不完全燃焼の1戦だった。前々走も道悪。運に見放された状況も、ようやく今週は陣営サイドも待望の良馬場で施行される見込み。「良なら前走のようなことはありませんよ」と陣営も語っているように、良のマイルは2戦2勝。管理するのは藤沢調教師、そして鞍上にはルメール騎手。巻き返しの舞台は整った。万全を期して3連複提供を最終結論とする。

藤沢和厩舎とルメール騎手のラインと言えば、これまで騎手ブログで何度も取り上げたこともあるので、今さら言うまでもないでしょう。先週、このコンビで7度出走がありましたが、1着1回、2着3回と高確率で連対。

「GOD EYE」指定レースでもあった「ジャパンC(GI)」でも、藤沢和厩舎管理馬でルメール騎手騎乗のレイデオロに◎を打ち込み、押さえ的中ではありましたが馬単5250円的中をお届け。

「ジャパンC(GI)」の結果を見ても明らかなように、【第三次競走馬革命】は着実にその歩を進めております。そのような中、

『アメリカGI馬のドレフォン。来年から社台SSで種牡馬』

というニュースが飛び込んできました。ドレフォンは、キングズビショップS、BCスプリント、フォアゴーSとダートGIを3勝。一見すると「ん?ダート馬?」と思ってしまいそうですが、同馬の血統背景からは面白いものが見えてきます。

ドレフォンの父ジオポンティは、現役時代に芝GIを7勝しており、ドレフォン産駒が芝で走れる下地は十分あります。

また、ドレフォンを管理していた名伯楽バファート調教師は「1400mのGIを2勝しているけど、距離はマイル以上でも全く問題ない。スピードが突出していたので短距離を走らせていた。本来は距離に融通の利くタイプだろう。日本で頑張って欲しいね」とも話していたようです。

まずは、ドレファンの種付け価格がいくらに設定されるのか?また、そのことによって種付け頭数が何頭になるかご注目下さい。

また、先ほど抽選発表が行われた今週のイベントレースの中でも

■株主推奨第2弾
東西諜報班
種牡馬産業インサイダー
※週間1本提供


は注目。抽選を通った方は楽しみにしていただきたいと思います。

それでは、最後に今週の無料パスポート:厳選オフレコ買い目について。今週より12月開催がスタートして、中山・阪神・中京の3場となりますが、その中でも土曜日阪神のあるレースは、騎手エージェントの思惑が存分に反映された1戦となりますので、ご注目下さい。

詳細に関しては、シークレットチャンネルを執筆する廣田君に伝えておきますので、皆様週末を楽しみにしていただきたいと思います。

それでは失礼致します。
 

↑