株式会社ジーワンプロジェクト株式会社ジーワンプロジェクト

厩舎プロジェクトチームブログ

2017.11.09

東京・京都開催から極上情報を入手!

会員の皆様、
厩舎プロジェクトチームの中村でございます。

先々週の「スワンS(GII)」における3連複8650円的中に続き、先週も無料パスポート:厳選オフレコ買い目で提供した「ファンタジーS(GIII)」において馬連2630円6点的中をお届け。2週連続で重賞的中をお届けしました。

11/3(金)
京都11R「ファンタジーS(GIII)」
馬連2630円6点的中
◎コーディエライト(3人気)


世間では1人気に推されていたアマルフィコーストをぶった切りにしていた一戦。馬連提供という観点から見ても、アマルフィコーストは3着までという最終結論。

厩舎チームらしく、時には人気馬であってもぶった切る。情報を無くしては、この結論は出せないでしょう。

=======見解=======
軸は佐々木晶厩舎の管理馬コーディエライト。デビュー戦はノーザンファームの使い分けで渋々スプリント戦を使う形となったが、元来は1400mから1600mでの競馬が理想で、その後の成績がそれを証明した。前走は新潟で逃げ粘る強い内容。厩舎サイドいわく「他馬に気を遣うところがあるので、現状はハナに行くのがベストのよう。マイペースでさえ行ければしぶとい」とのことで、今回もハナへ行く予定。メンバー的にも単騎逃げが見込める。帰厩して日は浅いが牧場でしっかり乗り込まれての参戦。厩舎サイドの期待度は高く、同馬を軸にした馬連が最終結論となる。
===================

本命◎コーディエライトには、このように見解でもお伝えしていましたが、単騎逃げの手に出て一瞬勝ったかと思いました。最後に相手指定馬△5人気のベルーガに差され2着とはなりましたが、厩舎情報をしっかり加味した上で馬連2630円的中をお届けすることができました。

もちろんこの流れ、重賞2週連続的中という勢いは今週末も続いて参ります。

【第三次競走馬革命】

遂に発動されました。様々なイベントの中心として、いよいよ表舞台に出てきます。それは倍額認定・大強化月間として執り行われる異なる倍額競走。

■3倍額投資認定競走
※福島記念(GIII)


注目されている会員様も多いと思いますが、それ以上に、

■極選・三連単GI
※エリザベス女王杯


レースの格という意味でも注目されているでしょう。

無料パスポート:厳選オフレコ買い目にて皆様も数々の万馬券を手にされているように、その殆どの勝負券種が【3連単】というもの。高配当はもちろん、万馬券や特大万馬券も十分狙えます勝負券種。何せ、「エリザベス女王杯(GI)」の過去10年における3連単の平均配当は『18万9808円』

昨年のエリザベス女王杯の結果を記させて頂きます。

1着クイーンズリング(3人気)
2着シングウィズジョイ(12人気)
3着ミッキークイーン(2人気)

3連単15万8930円決着。情報班は今年も狙っているようです。

私ども厩舎チームも各陣営に出向き関係者からも話を聞いておりますが、その中でも昨年3着のミッキークイーン陣営より印象的な話を入手しましたので、ご紹介したいと思います。

「宝塚記念の後は夏休みに入り、秋は右回りのどこかを1回使って本番に向かう予定でしたが、またもや古傷である左前の繋を痛めて、一時は引退を覚悟したほど。それがよく立ち直ったものです。昨年同様、大事を取って坂路での仕上げになりましたが、動き自体は悪くないし、しっかりと量も詰めています。元々、ポン使いでフレッシュな状態の方が動ける馬だし、ヴィクトリアマイル以来だった昨年よりは、まだ動ける仕上がりじゃないかな。飼葉もバリバリ食べているし、精神的にもだいぶ逞しくなりました。確かに万全じゃないけど、少なくとも昨年ぐらいは動けると思います」

このような談話、会員様各々で受け取るメッセージの解釈は異なるでしょう。恐らく新聞紙面ではここまでの話が掲載されることはないですし、皆様はこのコメントから何を感じ取っていただけたでしょうか?

もちろん、今週の無料パスポート:厳選オフレコ買い目に関しても、勝負度合いの高い情報を各厩舎関係者より聞いています。中でも注目は「エリザベス女王杯(GI)」の情報収集過程から派生した東京と京都開催の極上情報。

これら2開場の提供レースにはご注目下さい。

それでは本日はこの辺で失礼いたします。

厩舎プロジェクトチーム・中村

 

↑