株式会社ジーワンプロジェクト株式会社ジーワンプロジェクト

記者プロジェクトチームブログ

2017.10.12

秋華賞直前だからこそ要確認!記者チームの【狙い=キーワード】は…!!

会員の皆様こんばんは。
小岩崇でございます。

秋競馬開幕から5週が経過しました。

秋競馬開幕からの記者チーム提供レースを振り返れば、

9/16(土)
阪神1R:2歳未勝利
3連単2万1810円的中

9/24(日)
阪神1R:2歳未勝利
3連単9020円的中

10/1(日)
阪神3R:3歳未勝利
3連単3万3750円的中

10/8(日)
東京3R:2歳未勝利
3連単1万7280円的中

ここ4週間で3本の万馬券的中を届けることが出来ました。もちろん、夏場に蒔いた種を刈り取る季節。

現在、社を挙げて尽力する【大秋獲祭】もセカンドシーズンに入る中で、その恩恵が「無料パスポート:厳選オフレコ買い目」にも流出していることはお分かりでしょう。

そんな中で秋の「東京・京都開催」も2週目を迎えますが、今週からは新たに『3回新潟開催』が開幕!

ローカル競馬をこよなく愛する記者チームにとては、更なる追い風が吹いたことを示しております!

もちろん今週末、会員の皆様が注目されるのは、3歳牝馬による最後の一冠「秋華賞(GI)」や古馬牝馬が激突する「府中牝馬S(GII)」。

前者の秋華賞は『THE!極秘エージェント』

後者の府中牝馬Sは『King of Turf』


この2つの重賞競走に注目が集まるところですが、両者共にポイントは「牝馬限定戦で行われるレース」だということ。

気性的に繊細な部分を見せる牝馬限定戦は、時にとんでもない配当を記録します。

JRA重賞競走・3連単過去最高記録

1位:2015年ヴィクトリアマイル(GI)
3連単2070万5810円

2位:2008年秋華賞(GI)
3連単1098万2020円

3位:2007年NHKマイルC(GI)
3連単973万9870円

4位:2008年桜花賞(GI)
3連単700万2920円

5位:2008年東海S(GII)
3連単513万7110円

上記は、JRA重賞競走における歴代5位までの配当ですが、「ヴィクトリアマイル」「秋華賞」「桜花賞」と牝馬限定GIが3つに、2007年のNHKマイルCの覇者は「牝馬」のピンクカメオ、2008年の東海Sの覇者は「牝馬」のヤマトマリオンでした。

何が言いたいのかと言えば…牝馬限定戦は“荒れる”という要素を常に頭の中に持ち続けて欲しいということです。

無論、荒れる理由は様々存在します。

1つは実力馬が本来の力を発揮できないまま終わってしまうケース。これは、世間の皆様が思っているほど「強くはなかった」ことに起因するものとなりますが、展開の向いた馬が上位に顔を出すようなレース。分かり易いのは、上記のヴィクトリアマイルなどが、そのケースに当たります。

2つ目は精神面。先ほども言いましたが、牝馬は一度ガタッと来ると立て直しが難しくなります。牡馬の場合、二桁着順後も休み明けを叩いた上積みが期待出来る中で、牝馬の場合、一度成績を落とすと、浮上が難しいケースが散見されます。

もちろん、これ以外にも様々なケースは存在しますが、簡単に言ってしまえば、この2つのケースが荒れる主要因を形成してきます。

そんな中で今年の秋華賞や府中牝馬Sでは、どのような結論が出されて、どのような結末を迎えるのか?是非とも楽しみにしたいレースです。

そして今週末は、この2つの牝馬重賞以外にも楽しみなレースが揃いましたね。

今週から提供開始となりますのは、

■鉄板大勝負
「三重丸馬単」


文字通り、絶対視される1頭を中心に馬単提供を敢行するレースとなります。また他にも、

■「馬主トレンドの宴」
大秋獲祭VIPネタ
「King of KOROGASHI」
(キング・オブ・コロガシ)

■シナリオC関連・特別合意
「THE!極秘倶楽部」


注目イベント企画が揃う楽しみな週末となります。

そして、我が記者チームが提供するレース。

ここで秋華賞と府中牝馬Sという牝馬限定戦を、なぜ大々的に取り上げたのか?

無論それは、今週のキーワードが

【牝馬】

だからこそ。

特に牝馬限定戦のレースも組まれている中で、記者チームが「牝馬限定戦」を狙ったり、混合戦にも関わらず「牝馬」が中心視されていれば『激アツ』!

どうぞご注目下さい!

以上、小岩崇でした。

↑