株式会社ジーワンプロジェクト株式会社ジーワンプロジェクト

騎手プロジェクトチームブログ

2017.09.28

シナリオJの大潮流はまだまだ続く!

【ルメール騎手×藤沢和厩舎】

このフレーズを聞けば「何らかしら」を浮かべる会員様が大半だと思います。

ここ数年で厩舎を取り巻く環境に色々と変化が表れてきたのは言うまでもありません。その核となる部分に関しては敢えてお伝えすることはしませんが、以前は中山コースを嫌っていた藤沢和調教師が、使うようになったことに起因していると言えるでしょう。

会員の皆様、こんにちは。
騎手プロジェクトチーム部長の加賀武見でございます。

シナリオJにも深く因果するルメール騎手。そして社台グループと太いパイプを築き上げた藤沢和厩舎。果たしてこの構図、多くの競馬ファンの方々に知れわたったのはいつ頃からでしょうか。

もちろん、この組み合わせなら全てが勝負という訳ではないですが、例年9月という月はそこまで出走頭数が多くなかった藤沢和厩舎。

実際、先週この組み合わせが大きな要因となって提供されたイベント企画レースは全部で3鞍。

■某大手グループ総代・正式承認
9/24(日)
阪神11R「神戸新聞杯(GII)」
3連単3180円4点的中
◎レイデオロ(藤沢和厩舎×ルメール×キャロットF)

■シナリオJ関連・特別合意
「THE!極秘エージェント」
9/23(土)
阪神9R「ききょうS」
3連単7510円12点的中
◎タワーオブロンドン(藤沢和厩舎×ルメール)

9/24(日)
阪神9R「甲東特別」
3連単1680円4点的中
◎ムーンクエイク(藤沢和厩舎×ルメール)


挙げられた馬は全て本命◎。そして、抜擢された馬達は全てにおいて連対。シナリオJの真実とも言うべき部分を垣間見せてくれました。もちろん、これらのレースはイベントレースにも指定。

今週以降も同厩舎の動向に注視しておくべきだと思いますが、そのルメール騎手、今週末はサトノダイヤモンドの凱旋門賞騎乗という事から、日本競馬には不在。

そのような中、皆様も出走馬も確定し「いよいよだな!」と思われている方も多いでしょう!

「THE!極秘エージェント」
スプリンターズS(GI)提供決定


出走馬16頭の内、海外馬ブリザードを始めとした7頭が乗り替わり。もちろん、純粋な手替わりもあれば、元鞘に戻るといった乗り替わりもありますが、出走表を見ていて皆様もある違和感に気付くのではないかと思います。

「こうなることは事前に分かってたはずなのに、オーナーサイドの我侭で良い騎手を確保できなかった…。言い訳するつもりはないけど、今回は出走するだけだから期待しないでね。」

と、今回乗り替わりとなる1頭の厩舎サイドより発せられた言葉。この馬が馬券圏内に絡んでくることはないでしょう。それはこの馬に騎乗するのが●●騎手というのを見ても明らか。

さらに、レッドファルクスを選んだデムーロ騎手やメラグラーナを選んだ戸崎騎手も気になるところ。これまでの結果から見ても注目に値する騎手ですからね。

最も注視すべきはシナリオJ。その恩恵は、先週の無料パスポート:厳選オフレコ買い目にも表れており、

9/23(土)
阪神11R「大阪スポーツ杯」
3連単2730円的中
◎サトノファンタシー(デムーロ騎手)


【見解】
ここでの本命は7番のサトノファンタシー。
キッチリ仕上げてくる厩舎と定評のある松田国厩舎だが、同馬も例外はなく、態勢は整った。「ここの2ヶ月間、すこぶる順調に調整が進んだ。何の不安もなくレースに臨めます」と語っているように、陣営サイドも好感触を得ている。先週の追い切りでもデムーロ騎手を背に消化、当時は「少し重たい」とあったようだが、その不安も直前の追い切りで解消された。ここは同馬を1着に固定した3連単提供が最終結論となる。

普段は追い切りに騎乗しないデムーロ騎手が、1週前追い切りに騎乗したのは明らかに勝負懸かりの表れ。サトノファンタシーの1着固定は当然と言えました。

そして、翌9/24(日)は

9/24(日)
中山6R「3歳上500万下」
3連複2270円的中
◎モリトシラユリ(戸崎騎手)


【見解】
ここでの本命は10番のモリトシラユリ。
「ここは勝っておきたい」と発していた前走の福島の一戦だったが、その期待とは裏腹に不満の残るレース内容から3着に惜敗。馬券圏内は確保しているものの、期待の大きさから、陣営サイドは消化不良として処理。今回は仕切り直しの一戦となるが「リフレッシュして中山開催に備えた。もちろん好結果を期待している」と堀井師は語る。ここも余程のことがない限りは馬券圏内に駆ける。3連複提供が最終結論。

なぜ、2走前から戸崎君に乗り替わったのか?戸崎君がシナリオJの鍵を握っているのは、以前のBトレンドレポートでも宮間部長が書いている通り。

今週も会員の皆様には大秋獲祭ならではの的中を手にしていただきたいと思います。

それでは最後に今週の無料パスポート:厳選オフレコ買い目について。

土曜日のあるレースに出走する1頭に関して、厩舎サイドより「長く末脚を使うタイプ。今回はテン乗りになるが、操作性の高い馬。仕掛けのタイミングさえ間違わなければ勝機も。体重増があればさらにいいのだが。力で勝負になる。」という話がありました。

前走の騎手と今回乗り替わりとなる騎手の技量を比較すると、今回の方が明らかに上でこの馬にも合っていると思います。この1戦にはご注目いただきたいと思います。

それでは失礼致します。

 

↑