株式会社ジーワンプロジェクト株式会社ジーワンプロジェクト

騎手プロジェクトチームブログ

2017.09.07

秋競馬全体のテーマを大公開!

シナリオJ…ジョッキー(騎手)にまつわるシナリオ。先週もシナリオJを存分に体感された会員様が多かったのではないかと思います。

ですが、シナリオJや更にはシナリオCを体感していただくのはここからが本番。

ご挨拶が遅れました。
騎手プロジェクトチーム部長の加賀武見でございます。

「土曜日の札幌9Rの馬連2240円的中ありがとうございました!◎本命が藤沢厩舎の馬でルメール騎手が騎乗していたんですが、これって間違いなくシナリオJですよね!ダービーのレイデオロからの流れがここにも表れていると思い、買い目を見て勝負しました!」

今年の「日本ダービー(GI)」では、藤沢和厩舎所属でルメールが騎乗していたレイデオロを◎本命に指名し、3連複2220円的中をお届けしたGIプロジェクト。

藤沢和厩舎とルメールの関係性を紐解けば非常に面白く、特にヴィクトリアマイル週までと、オークス週以降については馬のラインナップが全く違います。

ヴィクトリアマイル週まで
【1着5回・2着7回・3着3回・馬券圏外14回】
勝率:17.2%
連対率:41.4%
馬券圏内率:51.7%

オークス週以降
【1着11回・2着6回・3着5回・馬券圏外11回】
勝率:33.3%
連対率:51.5%
馬券圏内率:66.7%

どの数値を見ても、軒並み上昇しているのがお分かりいただけるでしょう。ソウルスターリングでオークスを、レイデオロで念願の日本ダービーを優勝した藤沢和調教師。優勝立役者とも言えるルメールに良い馬に乗ってもらうのは当然と言えますし、社台グループから見ても絶大な信頼を得ていると言えるでしょう。

だからこそ!

9/2(土)
札幌9R「3歳上500万下」
馬連2240円5点的中
◎ストロボスコープ(ルメール)


【見解】
ここでの本命は3番のストロボスコープ。
「前走は発馬で寄られたが、めどの立つ内容。滞在が合うのかカイ食い旺盛だよ」とは担当からのコメント。開催ラストとなる札幌競馬にて、一つでも多くのお土産をと考えるのはどの厩舎も同じだが、前走に引き続きルメール騎手を配している背景や、他のライバルが押せ押せのローテを組まれる中、同馬は叩き2戦目。コメントからも窺えるように、勝負度合いは高い。ここは同馬からの馬連提供が最終結論となる。

的中も然ることながら、多くの方が目にする厳選オフレコ買い目という性質上、見解記述内容に様々な制限がかけられているものの、この端的な見解を通してもストロボスコープには勝ち負けの必然が存在していたと言えます。

シナリオJを存分に味わっていただけるイベント

■シナリオJ関連・特別合意
「THE!極秘エージェント」

9/2(土)
小倉10R「玄海特別」
馬単2780円5点的中
◎サトノケンシロウ(川田)

9/3(日)
札幌11R「丹頂S」
馬単4630円5点的中
◎プレストウィック(ルメール)

今年のダービージョッキー・ルメールと昨年のダービージョッキー・川田。競馬関係者にとって、最大目標は「ダービーを勝つこと」なのは言うまでもありませんが、この2人のダービージョッキーが◎本命になった経緯を考えると、シナリオJの本質が十分にお分かりいただけるのではないでしょうか。

今週も

■シナリオJ関連・特別合意
「THE!極秘エージェント」

が提供。夏の間に各騎手や騎手エージェントが仕込んできたことが、この秋競馬開幕週から早速表れてきます。

年に「一度きり」の【特殊2weeks】

■2017秋競馬開幕週緊急オフレコ
「秋スタートダッシュパッケージ」
・京成杯AH(GIII)
・一撃狙撃馬券
・3連単確約指定競走

■爆弾スペシャル

■高配当大放出企画
「厩極馬券道」

もございますのでお楽しみに。

最後に今週の無料パスポート:厳選オフレコ買い目について。

夏場の開催を境に「この騎手、この厩舎の馬に騎乗する機会がこれまでほとんどなかったのに、急に多くなったな。」と気付く会員様はシナリオJの根本的な部分をご理解いただいている方。実際、夏の間にオーナーの意向や調教師の意向など様々な理由が存在しています。

“これまでの法則崩れ”。これが今週からスタートする秋競馬のテーマと言えますので、ご注目ください。

それでは失礼致します。

 

↑