株式会社ジーワンプロジェクト株式会社ジーワンプロジェクト

厩舎プロジェクトチームブログ

2017.09.06

秋競馬開幕週より熱い情報をキャッチ!

会員の皆様、こんばんは。
厩舎プロジェクトチームの中村でございます。

「開催最終週の今週は正しいプロセスを経た完璧な的中を!」

と、先週のブログタイトルにも書かせていただきましたが、2017年夏競馬における厩舎チームのラスト提供となった9/3(日)小倉11R「小倉2歳S(GIII)」はまさにその通りの結果となりました。

◎本命に指名したのは、単勝5人気のアイアンクロー。

9/3(日)
小倉11R「小倉2歳S(GIII)」
3連複1万3240円的中
◎アイアンクロー(斉藤崇厩舎)


=======見解=======
軸馬は斉藤崇厩舎の管理馬アイアンクロー。「今週は終いだけ伸ばすように指示。体を使って、しっかり動けていた。前走はスタートで後手を踏んで、馬込みの中で力んでいたが、終いはいい脚で詰めてきた。スムーズに運べて前走の脚が使えれば、ここでも戦えると思う。コース調教でしっかり走れる馬だし、荒れ馬場も苦にしないはずだよ」とは調教師。前走の走りで評価を落としているが、休み明けだったことを踏まえると悪くはない。叩いて息遣いなどは良くなっており、上昇度は一番だ。
===================


とお伝えしていましたが、実は同馬を◎本命に指名した伏線は前走にありました。その前走とは、8/12(土)「フェニックス賞」。我々厩舎チームは、この「フェニックス賞」を提供していましたが、残念ながら結果が伴わなかった1戦。

その「フェニックス賞」では1人気に応えられず3着に敗れたアイアンクロー。追ってからの反応が鈍く、2ヶ月振りの競馬が影響したのでしょう。当時、騎乗していたホワイト騎手が「左右の少しの動きや他馬の動きに過剰に反応するところがあり、幼さが目立った。能力は高いけど、もう少しメンタル面での成長があれば。」という話をしていたほど。

一度使って力みが取れてきたことで、中間も無駄な動きをしなくなったことが好走の大きな要因になったことは間違いありません。

今回、「小倉2歳S(GIII)」の3連複1万3240円は、「フェニックス賞」があったからこその的中であり、言うなれば必然。夏競馬のラストに相応しい的中をお届けすることができました。

そして今週より、いよいよ秋競馬がスタート。

そして我々厩舎チームも、再び高配当大放出企画「厩極馬券道」を監修することとなりました。

8/5(土)
札幌12R「HBC賞」
3連単3万2350円的中
◎ライトフェアリー(石毛厩舎)

8/6(日)
小倉10R「天草特別」
3連複1万4130円的中
◎シロニイ(池江厩舎)

8/12(土)
小倉11R「阿蘇S」
3連複不的中
◎マインシャッツ(西浦厩舎)

8/13(日)
小倉10R「西部日刊スポーツ杯」
3連複9300円的中
◎クリノシャンボール(川村厩舎)

8/19(土)
新潟12R「3歳上500万下」
3連複1880円6点的中
◎ケンコンイッテキ(CHEVALATTACHE)

8/20(日)
小倉10R「西部スポニチ賞」
3連単2030円8点的中
◎タニノアーバンシー(谷水雄三)

8/26(土)
小倉10R「西海賞」
馬単3530円5点的中
◎ヴァフラーム(川田騎手)

8/27(日)
札幌9R「千歳特別」
馬連3540円6点的中
◎クィーンズベスト(武豊騎手)


と、提供開始より8戦7勝の結果を残している同イベント。今週も土日最低2鞍以上の提供を確約させていただく同企画。

中山・阪神の開幕週となる今週末、【シナリオJ】と【シナリオC】の潮流がうねりを見せる中、我々厩舎チームがどのレースを選定し、どういった最終結論を出すのか?

楽しみにお待ちいただきたいと思います。

他にも今週は

■2017秋競馬開幕週緊急オフレコ
「秋スタートダッシュパッケージ」
・京成杯AH(GIII)
・一撃狙撃馬券
・3連単確約指定競走

■爆弾スペシャル

■シナリオJ関連・特別合意
「THE!極秘エージェント」


が行われますので、参加ご希望の方は明日9/7(木)18時までの申し込みをお忘れなく。

そして、今週末の無料パスポート:厳選オフレコ買い目のお話をひとつ。

「ようやく中央開催に戻ってきた。平坦コースもこなせないことはないけど、非力なタイプの馬が台頭しやすいから必ずしもウチの馬にとって良いとは言えない条件だったから。馬力タイプだから坂があるのは大きなプラス。今回は内容よりも結果にこだわりたい。」

と、ある馬の厩舎関係者より話がありました。ここ数戦の内容から、人気になるとは思えない同馬。高配当的中をお届けできればと思っていますので、楽しみにお待ち下さい。

それでは本日はこの辺で失礼いたします。

厩舎プロジェクトチーム・中村

 

↑