株式会社ジーワンプロジェクト株式会社ジーワンプロジェクト

騎手プロジェクトチームブログ

2017.05.11

トレンドルーラーが仕掛ける騎手の役目がこれだ!!

お世話になっております。
騎手プロジェクトチーム部長の加賀武見でございます。

【3倍投資認定競走】
「NHKマイルC(GI)」
◎アエロリット(横山典騎手)
馬単2万7730円6点的中!

【2倍額投資認定コロガシ】
1本目「プリンシパルS」
◎ダイワキャグニー(北村宏騎手)
馬単1580円5点的中!

2本目「荒川峡特別」
◎フォイヤーヴェルク(石橋脩騎手)
3連複2180円4点的中!

『独占リークネタ』
「メトロポリタンS」
◎ヴォルシェーブ(福永騎手)
馬連8040円6点的中!

「矢車賞」
◎ディアドラ(岩田騎手)
3連単1610円3点的中!


まずは倍額認定・大強化月間の開幕週となった先週の結果をお伝え致しましたが、ご覧のように各種イベントで優勝した騎手は、いずれもGI騎手。

先週より会員様に公開されることとなった

「Bトレンドレポート」

にて宮間部長からの話にもあったように、中長期的なトレンドをご理解いただくことが、競馬の勝ち組への近道であると言えるのですが、例え馬がその役割を担っていたとしても鞍上がそれを台無しにしてしまう可能性もゼロではありません。

だからこそ、その馬に適した、かつ乗れる騎手を乗せるのは最低限のこと。それがシナリオ通りに遂行させるための第一関門と言えます。

どの騎手でも同じように騎乗できるのであれば問題ありませんが、騎手はロボットやアンドロイドではありません。そして、技術や能力も千差万別とくれば、関係者の思惑に応えられるかどうかが重要なのは言うまでもありません。

競馬界を牛耳るのは、トレンドを支配し、そして造り上げるトレンドルーラーと呼ばれるトレンド支配者。皆様ご存知の社台グループもトレンドルーラーの一角です。

「Bトレンドレポート」では、今春最大レベルの「Deepカルテル」として「ダービー」と「宝塚記念」に言及。「Deepカルテル」とは、トレンドルーラー達の「意思・意図=シナリオ」を遂行するために大小様々な「カルテル」が組まれており、その上で様々な強度があります。

Deepカルテル=Bトレンドの思惑が結果に90%以上直結するレベル

つまりは、「ダービー」も「宝塚記念」もトレンドルーラーの思惑ありきで動くレース。

5/28(日)に提供となる『第2回シークレットダービープロジェクト』に向けて、今週も各イベントにてトレンドルーラーの思惑を十二分にご理解いただきたいと思います。

さて、その『第2回シークレットダービープロジェクト』ですが、中山馬主協会所属H氏監修「ロイヤル1」として提供された「皐月賞」にて、◎に指定され馬連8710円的中をお届けしたペルシアンナイト(デムーロ騎手)と、クラシック維新「青葉賞」にて、◎に指定され3連複3190円的中をお届けしたアフドミラブル(デムーロ騎手)。

両馬ともデムーロ騎手が主戦ということもあり色々な憶測が飛んでおりますが、昨日ペルシアンナイトは、ダービーを戸崎騎手で臨むことが正式に決定。

これが何を示しているのか?私の口から言及を控えさせていただきます。その答えは『第2回シークレットダービープロジェクト』にて明らかになるでしょうから、会員様は楽しみにお待ちいただきたいと思います。

一方で、先週の無料パスポート:厳選オフレコ買い目に関しては、万馬券をお届けすることはできませんでしたが、

5/6(土)
東京8R「4歳上500万下」
◎ヒルノマゼラン(横山典騎手)
馬連1410円4点的中

同馬を管理する昆調教師、横山典騎手に騎乗を依頼する時は“勝負”のケースが多く、今回も事前に

「まだ1回しか試していないので適性は分からないが、前走はダートで結果が出なかったので実績のある芝へ戻す。稽古でシッカリ動けて体調はいいので良績のある左回り芝1400mで見直したい。」

という話がありました。つまり裏を返せば、横山典騎手でダメなら諦めるという意思の表れでもあります。同馬を軸に少点数で馬連1410円的中をお届けできたのは情報の賜物だと思っています。

先週は他にも、3連複5880円的中(土曜・東京12)などもお届けして、会員の皆様には

的中と収益のパーフェクトバランス
【倍額認定・大強化月間】


の開幕週を存分に楽しんでいただきました。

もちろん、今週も我々3大チームが提供する無料パスポート:厳選オフレコ買い目にて情報競馬の真髄とも言える思惑を皆様に見ていただこうと思っていますので、どうぞ週末を楽しみにお待ち下さい。

↑