株式会社ジーワンプロジェクト株式会社ジーワンプロジェクト

厩舎プロジェクトチームブログ

2017.05.10

社台グループの思惑が色々なところに波及!

会員の皆様、こんばんは。
厩舎プロジェクトチームの中村でございます。

それにしても、“凄い”と一言では片付けられないような内容のものが公開となりましたね。

株主優待ブログ「Bトレンドレポート」

今後、会員様の馬券投資に対する考え方が激的に変化するのは間違いありませんが、馬主支援事業部の宮間部長が発信する内容は今後も見逃せません。

先週の「NHKマイルC(GI)」は【3倍額投資認定競走】として提供されましたが、「Bトレンドレポート」内でも同レースに言及。

「シナリオ-M=繁殖牝馬構想」と「シナリオ-G=重賞構想」の融合により、馬単2万7730円6点的中をお届けしましたが、注目レースとしてお伝えしていた『独占リークネタ』指定の「矢車賞」の3連単1610円3点的中からもお分かりいただけるように、完璧なシナリオ通りだったと言えるでしょう。

的中と収益のパーフェクトバランス
【倍額認定・大強化月間】

の2週目となる今週末も、【3倍額投資認定競走】指定「ヴィクトリアマイル(GI)」を始め、【2倍額投資認定コロガシ】、『ロイヤル1』や『独占リークネタ』などでもトレンドを基に、各シナリオが描く通りの思惑で事が進んでいくのではないかと思います。

各イベントとも現在絶賛受付中となっておりますので、参加をご希望される会員様は明日の18時までに抽選申し込みをお済ませ下さい。

さて、先週のブログにて

「一口クラブ法人馬」

についてお伝え致しましたが、サンデーR(サンデーサラブレッドクラブ)などは既に募集が始まっており、すぐにでもインパクトのある結果を残さなければならないのは明らかでしたが、【3倍額投資認定競走】「NHKマイルC(GI)」を優勝したアエロリットがまさにそれ。

募集価格1400万円だったアエロリットですが、「NHKマイルC(GI)」を優勝したことで、獲得賞金は1億4744万円に。一口35万円×40口数で配当分配金は既に368万円。宣伝効果としても抜群だったと言えるでしょう。

先週、26頭と大挙出走させたのも募集に対してのクラブの意気込みと宣伝を兼ねてのものだとすると、合点がいきます。

当然、今週以降も各クラブの動向には注目しておかなければなりませんが、それは無料パスポート:厳選オフレコ買い目も同じ。

我々厩舎チームが無料パスポート:厳選オフレコ買い目で提供した5/7(日)東京4R「3歳未勝利」もそのひとつ。同レースでは3連単6190円的中をお届けしましたが、3着入線を果たした7人気ガルトマーンは一口クラブ法人・社台RHの持ち馬。

やはり、ここでも社台グループの思惑がレースに影響を及ぼしていたと言えます。

社台グループ生産馬は、預託する厩舎の優先順位があるのは言わずと知れたことですが、先日4/27(木)に美浦トレセンにて、厩舎改築工事竣工式と新厩舎の内覧会が行われました。

公開されたのは木村厩舎でしたが、現在46頭の管理馬の内、社台グループ生産馬が実に6割を超えているほど影響力は絶大と言えます。

大きな変化としては、馬房の配置転換。これまで横一列に並んでいたものが、通路を挟んで馬房が向かい合う対面式を採用。そして目玉となるのが、ウォーキングマシンの設置でしょう。時速2キロから10キロまで調節ができ、左右どちらにも回転する仕様になっているとのことで、コズミ気味の馬などにとっては硬さをほぐしてくれる絶好の産物となりそうです。

どうすればより良い環境で、馬にストレスを掛けずに鍛え上げられるかということを実践した形とはなりますが、一方で弊害もございます。

馬房を対面式にしたことは、多くの育成牧場が取り入れているだけに馬のストレスを減らす一方で、裏を返せば緊張感の欠如に繋がります。「レースを直前に控えた競走馬が入厩するトレセンに対面式は適していないのではないか」という声も厩舎や牧場関係者から指摘されております。

これは私も現役の調教師時代に感じていたことですが、実際に2歳や3歳の若駒の中には、牧場での対面式に慣れてしまい片面式の厩舎に戻った途端に入れ込む例もございました。栗東は片面式のままですが、今後どのような影響を与えるのか?今後も注視しておきたい事項となります。

木村厩舎を始めとした12の新厩舎には直前の気配まで含めた状況を把握する必要がありそうですね。

本日はこの辺で失礼いたします。
厩舎プロジェクトチーム・中村

↑