株式会社ジーワンプロジェクト株式会社ジーワンプロジェクト

騎手プロジェクトチームブログ

2017.05.04

絶対に揺るがない事実がそこにある!倍額認定・大強化月間開幕!!

「競馬にタラレバは…と思っていますが、騎手チームの東京1Rで3連単1万2070円を手にして、同じく勝負したのが新潟7Rです。11人気のアリエスムーンからの馬連勝負でしたが、結果は少差3着。1着のヤマニンアタシャン(12人気)も2着のサチノクイーン(1人気)も相手でしたから、これは整理するのに時間がかかりました(苦笑)」

先週の競馬開催では、喜びの万馬券的中あり、ゴール前にわずかな差で手から擦り抜けていった万馬券もあり、皆様からはこのようなメッセージもいただいておりますが、本日は、ただただ皆様に『おめでとうございます!』とはまた違ったおめでとうの言葉を伝える算段が整いました。

すでに公開されているように、この5月は勝ち馬投票支援事業部一般解禁から4年目を迎える5月競馬。倍額認定・大強化月間の開幕、また3年振りの『シークレットダービープロジェクト』の発令。

開催宣言を行ったGIプロジェクト顧問であり厩舎プロジェクトチーム部長の大西さんとは毎日のように顔を合わせますが、何か決意のようなものを感じましたね。

お世話になっております。
騎手プロジェクトチーム部長の加賀武見でございます。

冒頭からお伝えしました通り、先週の無料パスポート:厳選オフレコ買い目にて、今年【20本目】となる万馬券を我々騎手チームからお届けすることができました。

4/30(日)
東京1R「3歳未勝利」
3連単1万2070円的中

今年【20本】の万馬券の内、我々騎手チームがお届けしたのは全部で9本。約その半数を手にする結果をお届け出来るのも、現代競馬の構図が昔とは明らかに異なってきている点が顕著に表れている一つの証明と私は分析しています。

しかし、本来であれば、日曜日の新潟7R「4歳上500万下」にて21本目の万馬券的中といきたかったのですが…会員様からもあったように、同レースで軸に指名したのは11人気のアリエスムーンでしたし、

4/30(日)
新潟7R「4歳上500万下」
1着△ヤマニンアタシャン(12人気)
2着△サチノクイーン(1人気)
3着◎アリエスムーン(11人気)

2着と3着の差は僅かクビ。タラレバを言うつもりはありませんが、◎が2着だったら馬連2万6600円的中をお届けできたかと思えば、悔やんでも悔やみきれない1戦でした。

的中馬券をお届けすれば、それは最良の結果です。しかし、見解に記されていた11人気のアリエスムーンに関して、

『前走の初芝1200m戦にて掛かるくらいのスピードを見せた同馬。陣営サイドからは「折り合いの難しいところがあるが、前走のレース内容を見ていたら1000m戦で持ち味が生きそうな感触。スムーズに運ぶことが大前提となるが、良い競馬を見せてくるだろう」と意欲の遠征。持てるスピードを残すところなく発揮出来る千直は、同馬にとって最良の舞台となるだろう』

とお伝えしていたように、人気云々は関係なく軸に指名できるだけの根拠が存在していただけに、これは仕留めておきたかったというのが紛れもない本音。

「アリエスムーン…次も買ってみようかな」

と考えられた方もいらっしゃるでしょう。

しかし同時に、
「次は人気なってしまう」
「旨みがなくなってしまう」


という現実が襲ってきます。「どうせなら6着・7着くらいなら…」という方もいらっしゃるでしょう。

このような人気云々に捉われない提供。これが情報競馬の一つの形。

その上でお伝えしておかなければならないのが、物事には序列があるように、もちろんGIプロジェクトから提供される各々(SP・EPイベントレース・無料パスポート:厳選オフレコ買い目)にもそれぞれ意味があり、提供真意も異なってきます。

ヒエラルキーという言葉を皆様も耳にした機会があると思いますが、競馬界においてこのヒエラルキーを意識し、行動する事が勝ち組に居座る秘訣となりましょう。

『ヒエラルキー』
…ピラミッド型の階層組織

皆様の考える競馬組織の頂(いただき)は、馬主とイメージするのでしょうか、はたまた毎週に渡りGIプロジェクト提供レースに多大なる恩恵を授けてくれる社台グループでしょうか。

原理原則は変わりません。

なぜ、GIプロジェクトに社台グループであり、名門と呼ばれる厩舎陣営、また現役を退いた競馬関係者から世に出回らない情報が寄せられてくるのか?

GIプロジェクトは
『馬主様を支援する組織』

本来、GIプロジェクトは馬主サポートを中心とした組織である事は皆様もご存知でしょうし、またそれが馬券に関して有益な構図を生み出し続けてくれるもご存知のことでしょう。

敢えて噛み砕いてブログを進めさせていただきますが、提供レースに対し、確信情報となる部分にはじまり各馬の調子の部分。目に見える部分もあれば、そうでない部分もある。馬主インサイダー情報が寄せられてくるのも、馬主様を支援する組織でありますから当然の話。

如何せん、『ヒエラルキー』が存在している以上、提供レースに関して一言で言えば思惑度の高いレースは必然的にSP・EPレースの方に集まるのは当然と言えば当然ですが、この時期は少し異なってくるのも見逃せません。

正確に言えば、寄せられる情報によりけりで異なって参ります。

ストレートに申し上げれば、本来であればSP・EPレースに充填されるものが、無料パスポート:厳選オフレコ買い目の中にも立ち並ぶ事が予想されます。

それが、春競馬トップシーズンを迎えている5月競馬の特徴。

要は集まる情報量が多く、濃密になる5月。

的中と収益のパーフェクトバランス
【倍額認定・大強化月間】

そして!

【第2回シークレットダービープロジェクト】

第1回シークレットダービープロジェクトでは、

2014/6/1(日)
東京10R「日本ダービー」
1着◎ワンアンドオンリー
2着○イスラボニータ
3着△マイネルフロスト
3連複2万7470円6点的中

我々の手で
『情報競馬を牛耳ろうではないか!』

開催宣言で発した大西顧問の言葉は、決して大袈裟ではありませんね。

大強化が施された今週末の【倍額認定】企画。

【3倍額投資認定競走】
指定競走:NHKマイルC


他にも「2倍額投資認定コロガシ」「独占リークネタ」と提供を控えますが、どうぞその最終結論を楽しみにお待ち下さい。

↑