株式会社ジーワンプロジェクト株式会社ジーワンプロジェクト

騎手プロジェクトチームブログ

2017.04.06

【四月・馬券三昧】初日に注目レースが!詳細をブログ内にて確認ください!!

お世話になっております。
騎手プロジェクトチーム部長の加賀武見でございます。

先週のブログにて

「リーディング上位の騎手に関しては騎乗馬もしっかり確保しているので特に問題ありませんが、中堅以下の騎手にとっては騎乗馬すら確保できずにあぶれる状況。今後はエージェント力も弱まってくる可能性を考えると、自らの営業力が肝となってきます。今週は既に出走馬が決定していますが、そこで騎乗してきた経緯や次回の2場開催に向けて目を配らせるのも重要。」

とお伝えしていましたが、先週の成績を見るとそれも一目瞭然といった感じでした。

デムーロ騎手の4勝を筆頭に、内田博騎手や戸崎騎手、田辺騎手の3勝を始め、2勝以上の複数勝ちの騎手が全部で12人。全員が全員というわけではありませんでしたが、やはりリーディング上位の騎手に良い馬が回っていたように感じられました。

ですが今週からは福島開催が始まります。若手騎手や中堅騎手はこぞって福島に騎乗馬を求めて遠征します。もちろん、2、3週前の段階で決定していたりすることなので、騎乗馬を求めて遠征というのは少々語弊があるのかも知れませんが。

それでもレースに乗ると乗らないとでは全く意味合いも違うので、乗るに越したことはありません。

もちろん、どの騎手もGI優勝を目標に日々精進しているのは間違いありませんし、今週そのGIが行われますので、私も元乗り役として各騎手の心情が痛いほど分かります。

今週行われるGIは

【3連単維新】
「桜花賞」

ですね。

ルメール騎手はソウルスターリングに騎乗します。昨年のこともあるので、彼の思いは相当に強いはず。また、今年のGI成績も

「フェブラリーS」→7着
「大阪杯」→4着

と両レースともに十分とは言えない結果。リーディング上位争いをいつも繰り広げていますが、意外にもプレッシャーに弱い一面もあります。

ただ、ライバルの1頭になるであろうアドマイヤミヤビにも騎乗しているルメール騎手だけに、乗り方を間違えるとは思えません。

「桜花賞」に騎乗する騎手全員に話を聞いたところ、実は数名の騎手から「本当に怖いのは[情報規制馬]ですよ。もう一段上のギアを持っているのにまだ出してないんですから。実際、本番で出せるかどうかは分かりませんが、もし出せたらそれこそ…」といった話を聞いていたりします。

また次週の「皐月賞」に関しても色々な話を聞いてはいるんですが、皆様が気にされているのは牝馬のファンディーナではないかと思います。同馬がなぜ、「桜花賞」ではなく「皐月賞」を選んだのか?

世間一般的に出回っている情報と乖離していますが、本当の理由は[情報規制馬]の存在があるからこそ。この[情報規制馬]は登録段階から違和感ありありですが、「皐月賞」の鍵を握る1頭と言ってもおかしくないでしょう。

この[情報規制馬]達ですが、人気面を見ても上位人気とは言い難い存在。故に、もし買い目に入るようなことがあれば、配当面の期待も持てるのではないかと思います。

最終的に提供元がどのような判断を下すのか?当日の買い目が楽しみですね。

そして、「皐月賞」でマイスタイルに騎乗する横山典騎手。彼は、4/30(日)の「天皇賞(春)」でゴールドアクターに騎乗予定となっています。

前任者の吉田隼騎手の騎乗がダメだったというよりも、現状を打破するための手替わり。横山典騎手といえば、大逃げやポツン最後方など競馬ファンが考えてもない騎乗を時として実践する騎手。

4/8(土)から4/30(日)の4週8日間は【四月・馬券三昧】期間中となりますが、最終日の「天皇賞(春)」も見逃し厳禁の1戦となるのは間違いないでしょう。

また、【四月・馬券三昧】期間中は

■□■【開催特典】■□■

[特典1]
「日頃のご愛顧に感謝を込めて」
1日1レース以上の的中(厳選オフレコ買い目)を【計8日間継続】して頂いた会員様全員にBIGなサプライズをご用意!

[特典2]
「2倍3倍の利益を」
厳選オフレコ買い目20pt販売

[特典3]
情報解禁に向け競馬専門紙界の二大巨頭が動く!

元1馬本紙記者・佐藤隆夫
元内外タイムス記者・谷口昭弘

『東西トレセン・完全網羅ネタ』解禁決定
『東西トレセン・裏事情ネタ』解禁決定

といった特典をご用意しております。

我々騎手チームが提供する無料パスポート:厳選オフレコ買い目も土曜日の阪神に万馬券の大チャンスと言えるレースが存在していますのでご注目いただきたいと思います。

騎手エージェントがオーナーサイドや生産サイドの要望を聞きつつ、出走各馬の騎手が決まった思惑だらけのレース。ご注目いただくのは当然と言えますので、会員の皆様はレース当日をお待ちください。

それでは今週末の競馬開催もGIプロジェクトで存分にお楽しみいただきましょう。

↑