株式会社ジーワンプロジェクト株式会社ジーワンプロジェクト

プロジェクト総合ブログ

2017.03.17

【★】GI維新2016-17特別寄稿「真実」-VOL.5-

※当ブログは【★】GI維新2016-17特別寄稿「真実」VOL.1からVOL.3まで全てをご覧いただいた会員様にのみ、3/3(金)にメールにて先行配信させて頂いた内容となります。春のGIシリーズ開幕直前週となります今週末。会員の皆様に、改めて現在の競馬環境を知って貰う為に、上層部から一般公開の許可も取れたことによりブログに掲載させて頂く運びとなりました。
==================

会員の皆様、お世話になっております。
GIプロジェクト顧問の大西美昭でございます。

この特別寄稿「真実」では、第1回目においてマスコミ報道と実際の現場内における情報・状況の乖離を包み隠さずお伝えしました。

「真実を追究するはずの競馬メディアが真実を報じることができないジレンマに陥る中で、自由闊達に動ける我々のような独立した組織こそ、堂々と真実を追究し、そして真実を語れるものです」

「その事実は…今後の提供レースにて証明をさせていただきますが、会員の皆様に1つお約束させていただくことは、GIプロジェクトでは競馬の背景部分を含めた情報を包み隠さず伝達をさせていただくこと」

これは、そのブログの中で申し上げてきた言葉ですが、間もなく開幕する春のGIシリーズ。もちろん全ての買い目見解や当社発信するメールやブログも又、各々の馬券収益計上にお役立ていただけるものとなります。

今回で5回目となります特別寄稿「真実」ですが、第2回目から第4回目までお伝えしてきた内容こそ

【社台グループ】

事実、提供買い目や見解、弊社から配信するメールの中で常に刻まれる言葉は『社台』の二文字。この流れは、今後も不変のものとなりますが、第5回目となります今回は…

馬券を的中する上で、ある意味で社台グループ以上に重要な存在でもある

【非社台勢力】

にも言及させていただきます。

1位:ノーザンF
2位:社台F
3位:社台C白老F
4位:岡田スタッド
5位:下河辺牧場
6位:ダーレー・ジャパンF
7位:ヤナガワ牧場
8位:ビッグレッドF
9位:千代田牧場
10位:フジワラF


上記ランキングは「2016年度生産者賞金獲得ランキング」。もちろんノーザンFが2位の社台Fをダブルスコアの大差で圧倒しておりますが、ここで注目すべきは岡田スタッドの存在でしょう。

2010年:28位
2011年:16位
2012年:16位
2013年:14位
2014年:11位
2015年:10位


これは岡田スタッドの生産者ランキングの変遷ですが、昨年は遂に4位を獲得。今年も2/26現在で5位と大躍進を遂げました。

岡田スタッドの代表と言えば、ビッグレッドF岡田繁幸氏の実弟でもある岡田牧雄氏ですが、今最も勢いのあるオーナーブリーダーとして注目されております。

そんな岡田スタッドの成功の秘訣は…やはり育成面にございます。

社台Fが山元トレセン、ノーザンFがノーザンF天栄やノーザンFしがらき、そしてノーザンF空港牧場とあるように、最新設備で整えられた外厩、育成施設の充実こそが社台グループ隆盛の理由の1つ。

一方で、社台グループのような潤沢な資金を持たない岡田スタッドですが、育成方法に工夫を凝らしているのが理解できます。福島県の小野町に外厩施設を、北海道のえりも町に中期育成施設として「えりも分場」を開設してから躍進して来ました。

「1歳の時に馬を襟裳に移すが、ここは自然環境が厳しくて、芯の強い馬づくりに大きく貢献している」

「ノースヒルズや早田牧場の馬が活躍していた時期は襟裳で育成していたように、厳しい自然環境が馬を強くさせる」

「中央競馬における1頭当たりの出走回数は1年で4.2回程度だが、うちは平均で6回。これは馬が丈夫ということの証で、他の生産者にも誇れる部分」

これは以前、岡田Sの担当者に聞かせてもらった話ですが、社台グループの吉田照哉氏、吉田勝己氏から「もっと日本の競馬界に貢献してくれ」と言われ一口クラブ『ノルマンディーTR』を創設。『株式会社レックス』では種牡馬事業も展開。今や兄である岡田繁幸氏を遂に超えるところまで来ました。

「牧雄さんは日高の生産者にとって尊敬される存在。親から引き受けた牧場を大きくし、一口クラブを作り、そして現役時代の戦績に関わらず、種牡馬もどんどん導入している。大金を払えば好成績を残せるのが競馬とは言わないが、社台の良血高額馬にヒケを取らない成績を残せるぞと示してくれている」

このように話すのはGIプロジェクトに在籍される馬主資格を持つSP会員様。続けて、

「競馬にはロマンが求められます。そのロマンを里見さんなどは、お金で掴もうとしましたが、GI優勝まで20年以上を要しました。社台系の良血馬を次々と買い漁っても、それだけの時間を費やしたんです。トーセンの島川さんも社台任せにしていたのを、自身でエスティファームを開設して育成にも力を入れた結果、今ではグループ関連馬だけで270頭の大規模牧場となりました。結局、夢やロマンを掴む為にはお金だけではなく、そこに情熱を持って接することが肝要なのではないかと考えさせられております。まぁ自分のような弱小馬主だと社台の馬なんか購入できないからね。社台の馬を揃えられる人を羨ましくもあり、一方で、安馬でもGIを勝てるんだぞとなりたいものです」

このように話してくれました。

競馬の持つロマン…牧場関係者から血統面で評価されなかったような安馬が社台系の高額良血馬をなぎ倒して賞金を稼ぐ。これも馬主として1つのロマンでしょう。

実際にモーリスなどは日高の戸川牧場生産馬として2012年サマーセールで上場され僅か150万円で落札され、その後、育成を経て翌年のHBA2歳トレーニングセールにおいて1000万円で落札されたた経緯を持ちます。

また、昨年の東京スポーツ杯2歳Sを制したブレスジャーニーなどは2015年サマーセールで上場され僅か270万円で落札されました。同じ年に行われたセレクトセールではサトノヴィクトリーが2億5380万円、フォギーナイトが2億4840万円で落札されましたが、現状の成績はブレスジャーニーに大きく及ばぬ結果。

何れも馬主は吉田和美氏であり島川隆哉氏ということで、如何に先見の明をお持ちなのかも同時に分かる結果ですが、しかし実際に、社台の馬を預からなくとも結果を出している調教師が存在します。

それが栗東の昆貢先生。

これまで預かった馬で社台系生産馬は個人馬主から預かった2頭ほど。それでもディープスカイでダービーを制し、ローレルゲレイロではスプリントGIを総なめ。ヒルノダムールでは凱旋門賞にも挑戦したように、非社台系のラインナップでJRA通産347勝は立派の一言でしょう。

「うちみたいな弱小厩舎はジックリと育てて適性を見ながら相手関係の緩いところを狙うしかないんや(笑)」と自虐的に語っていた昆先生ですが、馬を育てる、勝たせる、という手腕はお見事。栗東の某調教師は「昆先生が社台系の馬を扱っていたら、今の倍以上は勝てるだろう。調教師としての手腕は全国一」と語っていたのは印象的でした。

ここで1つ、このメールを手にされている会員様にだけお伝えしておきましょう。

3/4(土)
阪神11R:チューリップ賞


3/5(日)
中山11R:弥生賞


3/12(日)
阪神11R:フィリーズレビュー


3/19(日)
中山11R:スプリングS


3/25(土)
阪神11R:毎日杯


この3歳限定重賞でもある上記5レースは必見のレース。

極端なことを言ってしまえば、

【どのレースを社台が、どのレースを非社台が勝つのか】

現段階で、そこまで見えているレースとなります。

もちろん本番は桜花賞であり皐月賞、そしてオークス、ダービーとなるわけですが、GI維新2016-17特別寄稿「真実」VOL.1からVOL.5の中で述べてきた『点』と『点』が繋がると『1つの線になって答えは見えてくる』ものです。

社台系の話が中心となり、非社台勢を取り巻く環境の詳細をお伝えすることはできませんでしたが、実はその部分にこそ…『馬券の本質』『馬券の真実』が隠されております。

極端なほど社台、社台と言ってきたことで「GIプロジェクト=社台系情報」のような状況にある現在ですが、もちろん【社台+非社台】の情報の融合がなければ的中を掴むことはできません。

非社台系情報は、あまりにも膨大であり、1つに特化し集中的に触れてはおりませんが、番記者ネットと歴史的な統合を遂げた新星GIプロジェクトには、全ての情報を網羅できる状況にあることは改めて断言をさせていただいた上で、このGI維新2016-17特別寄稿「真実」はひとまず完結とさせていただきます。

それでは失礼致します。

GIプロジェクト顧問
大西美昭

↑